《必読!》ミノキシジルの効果と効果を得られるまでの期間まとめ

ミノキシジルの効果と効果を得られるまでの期間まとめ

日本国内で唯一「発毛効果がある」と認められているミノキシジル。

日本国内だけでなく、「世界で初めて発毛効果がある」と認められたのもミノキシジルです。

ここでは、ミノキシジルの効果について、臨床試験データを元にミノキシジルは本当に効果があるのか?また、実際に生えるまでの期間などをまとめました。

これを読めばミノキシジルの効果について一通り分かると思います。ぜひ、参考にしてみて下さい。

 

ミノキシジルの発毛効果を徹底検証

ミノキシジルは医薬品に認可されているため、シッカリとした臨床試験データが公開されています。

この臨床試験は非常に信憑性の高いもので、厳重な管理の元で行われているため間違っていることがほぼありません。

中身が化粧水と変わらない育毛剤の殆んどは、こういったデータを一切公開していません。私個人の推測ですが、こういったデータを公開すると不都合な真実があるのだと思います。

私自身、しょうもない育毛剤に何度騙されてきたか分かりません。苦笑

そういった意味でも、臨床試験データが公開されているミノキシジルは、効果の信憑性が高く信頼できる成分といえます。

ここでは、ミノキシジルの効果を確かめるために、リアップX5を販売している大正製薬の臨床試験データを元に詳しく説明していきます。(以下引用・大正製薬HP)

 

医師による薄毛の改善評価

下のグラフは、被験者にミノキシジル濃度5%の育毛剤を約1年使ってもらい、「発毛量の変化を医師が目視で評価した」ものです。

ミノキシジルの臨床試験データその1

グラフの見方は、グラフ上部に書かれている「軽度改善や中等度改善を見ながら判断する」わけですが、「軽度改善や中等度改善ってなんなの?!」と思いますよね。

これを分かりやすくすると

ミノキシジルの臨床試験データを分かりやすくした場合の見方

このような見方です。臨床試験データは一般人向けではないとはいえ、小難しい表現ばかりで分かりにくい…

それはさておき、グラフの見方がわかったところで、改めて先ほどの「発毛量の変化を医師が目視で評価した」グラフをご覧になって見て下さい。

ミノキシジルの臨床試験データその1

このグラフを見ると、早い方だとミノキシジル育毛剤を使い始めてから4週間後には少しだけ髪の毛が生えてきているようです(おそらく細い産毛程度だと思います)

グラフ全体を見ると、ミノキシジル育毛剤を使い始めてから6カ月目には、8割の方に発毛が確認できていることが分かります。このグラフは、「医師が目視で評価したもの」ですので信憑性は確かなものといえます。

このデータを見ても分かる通り、ミノキシジルの発毛効果は間違いないということが分かるかと思います。

 

注・薄毛の改善率は意外と高くない

ミノキシジルの発毛効果は間違いないのですが、グラフを良く見ると著名改善(ハゲる前の状態に戻った方)は、全体の10%程度しかいないことが分かります。

著名改善(ハゲる前の状態に戻った方)は、全体の10%程度しかない

著名改善(ハゲる前の状態に戻った方)は10%程度で、多くの方は軽度改善(少し髪が生えたけど、ハゲノまま)か中程度改善(髪は生えたけど、ハゲる前ほど回復していない)の状態に留まっています。

つまり、ミノキシジル育毛剤を使うと発毛はするものの「ハゲる前の状態に戻る人は非常に少ない」ということです。

多くの方が「ミノキシジル育毛剤を使えばフサフサだった頃に戻れる!」と考えているかと思いますが、実際はフサフサだった頃に戻れる方は非常に少ないんです。

ただ、この臨床試験はミノキシジル濃度が5%の育毛剤を使って行われていますので、ミノキシジル濃度が5%よりも高い育毛剤を使った場合はもっと改善率が高まるのではないかと思います。

※ 後ほど触れますが、ミノキシジル濃度が高い育毛剤ほど効果が高いことが臨床試験の結果分かっていますので、高い発毛率を望む場合はミノキシジル濃度が高い育毛剤を使う方が良さそうです。

 

患者による薄毛の改善評価

先ほどのグラフは、医師が毛髪量の変化を目視で評価したものでしたが、次は「患者さん自身が毛髪量の変化を目視で評価したグラフ」になります。

患者による薄毛の改善評価

患者による薄毛の改善評価の見方

上記のグラフを見ると、ミノキシジル育毛剤を使用していた患者さん自身も発毛を実感していることが分かります。

ただ、患者さんが毛髪量の変化を評価した場合と、医師が評価した場合の改善率には若干の開きもあります。

ミノキシジルの臨床試験データその1

患者による薄毛の改善評価

患者さんの場合はどうしても期待値のようなものが入ると思いますので、期待していたものが大きい程、ミノキシジル育毛剤の結果には満足できないのかもしれません。

ただ、患者さんと医師が判断したどちらの場合にしても、発毛を確認しているのは間違いない事実ですので、ミノキシジルの発毛効果は確かであるといえます。

 

注・薄毛が悪化しているという気になるデータも

ミノキシジル育毛剤を使ったことで、悪化(髪が減って薄毛が進行した)という気になるデータがあります。

薄毛が悪化しているという気になるデータ

こういったグラフを隅々まで見ている方は既にお気付きだったかと思いますが、ミノキシジル育毛剤を使ったことで薄毛が悪化した方もいるのは事実です。

薄毛が悪化した詳しい原因は特定できませんが、大正製薬のHPに「主な副作用・湿疹・毛のう炎・接触性皮膚炎」と書かれていたので、頭皮の炎症やアレルギー反応だったのではないかと思います。

ネットで言われている「ミノキ焼け」が、まさしくこれに当たるのではないかと。

発毛効果のあるミノキシジルですが、《ミノキシジル育毛剤を使うことで薄毛が悪化する可能性もある》ということは理解しておいた方がいいですね。

 

総毛髪量の変化

下のグラフは、ミノキシジル育毛剤を使い続けた場合の、一平方センチメートルあたりの毛髪量を計測したものです。

ミノキシジルを塗布した場合の総毛髪量の変化

上記を見ても明らかですが、ミノキシジル育毛剤を使ったことで髪の毛が増えています。

 

太い毛髪量の変化

次は、40マイクロシーベルト以上の毛髪量の変化を計測したグラフです。これはようするに、太い髪の毛がどれくらい増えたかってことですね。

ミノキシジルを塗布した場合の太い毛髪量の変化

上記をご覧になってもらうと分かります通り、ミノキシジル育毛剤を使い続けたことで、太い髪の本数が増えています。

発毛剤と言われるミノキシジルには、髪の毛を太くする効果もあるようです。

 

ミノキシジル濃度と発毛率の変化

次のグラフは、ミノキシジル濃度が1%の育毛剤と、ミノキシジル濃度が5%の育毛剤を続けた場合の、毛髪量の変化を比較したグラフです。

ミノキシジルを塗布した場合の太い毛髪量の変化

上記をご覧になってもらうと分かります通り、ミノキシジル濃度が高い育毛剤(ミノキシジル濃度5%)を使った方が髪の本数が増えています。

ミノキシジル濃度が高いほど効果も高いと言われていますが、このデータを見ても明らかな通り、ミノキシジル濃度が高い育毛剤を使った方が発毛効果も高くなるのは間違いないようですね。

※ ミノキシジル濃度が高くなるほど効果も高くなりますが、その分副作用のリスクも高くなるので注意が必要です。

 

注・ミノキシジルの効果を得られるまでの期間

ミノキシジル育毛剤を使う上で重要なポイントになるのが、どれくらいの期間ミノキシジル育毛剤を使えば効果を得られるのか?髪が生えてくるのか?ということですよね。

ミノキシジル育毛剤をどれくらい使えば効果を得られるのかについては、こちらのグラフを見て頂くと分かりやすくなります。

発毛量の変化を医師が目視で評価グラフ

このグラフは、1番初めに紹介した医師が評価した発毛量の変化グラフですが、このグラフを見るとミノキシジル育毛剤を使い始めて3カ月(12週目)~6カ月(24週目)辺りにかけて発毛率が高くなっていることが分かります。

つまり、ミノキシジルの効果を実感するまでには、どんなに短くても最低3カ月、できれば6カ月を目安にミノキシジル育毛剤を使い続ける必要があるということです。

ミノキシジルの効果を得るまでには3~6カ月。

ではなぜ、ミノキシジル育毛剤の効果を得るまでに最低3カ月かかるのかというと、これには人の髪に存在するヘアサイクル(毛周期)というものが大きく関係しています。

ヘアサイクルとは髪の毛が生えてから抜けるまでの期間のことで、人間でいう寿命のようなものです。

人の場合は寿命を迎えたらそこで終わりですが、髪の毛の場合は抜けても再び生えてきますよね。これをヘアサイクルというわけです。

そして、新しい髪の毛が生えてきて抜け落ちるまでには、2~6年という非常に長い期間がかかります。

これほど長い期間がかかっているので、ミノキシジル育毛剤を使って効果を得るまでには最低でも3カ月は続ける必要があるということです。

先ほどと同じグラフをもう一度ご覧下さい。

発毛量の変化を医師が目視で評価グラフ

グラフをみると、ミノキシジルを使い始めてから3ヶ月(12週目)で変化がありますよね。そして、3ヶ月~6ヶ月にかけて改善率が高まっていることが分かります。

ですので、ミノキシジルの効果を得るためにはどんなに短くても最低3ヶ月、できれば6ヶ月を目安に続けるようにして下さい。

※ この3~6ヶ月という期間はミノキシジル育毛剤に限らず、すべての育毛剤に共通することです。効果があるという前提にはなりますが。苦笑

 

ミノキシジルの発毛効果まとめ

ここまで、リアップX5を販売している大正製薬で公開されているミノキシジルの臨床試験データを元に、ミノキシジルの発毛効果について説明してきました。

どれもネットでは殆ど説明されていない重要なことだったわけですが、長くなってしまったので所々忘れてしまった方もいるかと思います。

ここまで説明してきたことをまとめると、ミノキシジルの効果は以下の通りです。

  • ミノキシジルには発毛効果がある
  • ミノキシジルには髪を太くする効果もある
  • ミノキシジル濃度が高くなるほど効果も高くなる

ミノキシジルの効果を端的にまとめると上記の通りになります。

世界で初めて発毛効果があると認められたのがミノキシジルですから、元々その効果については間違いないものがありました。

それにしても、こうして改めて確かめてみると、多くの育毛剤がいかに胡散臭いか分かりますよね。苦笑

センブリエキスやセファランチンなど、本当に効果があるのか分からない成分をメインにしている育毛剤が多いわけですから。

発毛効果がミノキシジルですが、気になるデータがあったことは覚えていますか?

  • ハゲる前に戻った方は1割ほど(ミノキシジル濃度が5%の育毛剤の場合)
  • ミノキシジルを使うと薄毛が悪化する可能性もある
  • ミノキシジル濃度が高くなるほど副作用のリスクも高くなる

ミノキシジルの気になるデータとして上記の3つがありました。

発毛効果の認められているミノキシジルですが、使った人全員に必ずしも効果があるわけではない、つまり100%薄毛が改善するわけではないので、その点だけは理解しておく必要がありますね。

 

ミノキシジルは効かない・効果なしといわれる理由

先ほどまでの臨床試験が示している通り、ミノキシジルには間違いなく発毛効果があります。

こういったデータを公開していない成分を配合した育毛剤があまりにも多いわけですから、それに比べたらミノキシジルの効果に対する信憑性の高さは比べようがありません。

それにも関わらず、ネットを見ていると「ミノキシジルは効果なし」「ミノキシジルには意味も効果もない」などといった口コミを見かけたこがありませんか?

実は、こういった「ミノキシジルは効かない・効果なし」といった類の口コミは間違いではありません。

というのも、ミノキシジルは頭皮から浸透しにくいという欠点があるからです。

人の頭皮には、細菌の侵入や外部刺激から頭皮を守る「天然のバリア機能」が備わっています。

そこへミノキシジル育毛剤を塗布しても、バリア機能が働き有効成分の浸透を妨げてしまうのです。

ミノキシジルの浸透率に関しては諸説ありますが、ミノキシジル濃度の1%しか浸透しないという意見もあれば、ミノキシジル濃度の20%は浸透するといった意見もあります。

ミノキシジルの効果検証で、ミノキシジル育毛剤を使ってフサフサだった頃に戻れた方は全体の10%程度だったことは覚えていますか?

発毛量の変化を医師が目視で評価グラフ

わずか10%の人しかフサフサだった頃に戻れなかった原因の1つは、ミノキシジルは頭皮から吸収されにくいからだと思われます。

このデメリットを解消するためには、ミノキシジル濃度の高い育毛剤を使うか、浸透率が高まるように工夫されている育毛剤を選ぶ必要がありますね。

 

塗りミノとミノタブ効果が高いのは?

ご存知かもしれませんが、ミノキシジルが使える方法には、ミノキシジル育毛剤(塗りミノ)とミノキシジルタブレット(ミノタブ)の2種類があります。

ミノキシジル育毛剤の場合は先ほどもお話した通り、ミノキシジルは頭皮から浸透しにくいという欠点がありますが、内服薬のミノキシジルタブレットの場合は効果が高いです。

ミノキシジルタブレットであれば頭皮バリアなど関係なく、有効成分が血液によって毛根まで運ばれるので発毛効果も飛躍的に高くなります。

ですが、ミノキシジルタブレットの場合は有効成分が毛根だけでなく体全体に行き渡ってしまうので、副作用のリスクも高く重大になります。

ミノキシジルタブレット・ミノキシジル育毛剤に関係なく、『副作用に悩まされ続ける生活を送らないため』にも、ミノキシジルの副作用についてシッカリと理解しておく必要がありますね。

 

やっぱり心配なミノキシジルの副作用

体に重大な副作用を招きかねないミノキシジル。

ミノキシジル育毛剤とミノキシジルタブレットの主な副作用は以下の通りです。

 

ミノキシジル育毛剤
  • 頭皮の湿疹
  • 頭皮の炎症・荒れ
  • 接触性皮膚炎
  • 脂漏性皮膚炎
  • 多毛症
  • 血圧の低下

ミノキシジル育毛剤の主な副作用は、頭皮の炎症やアレルギー反応がメインです。

特に、肌の弱い方がミノキシジル育毛剤を使うと、頭皮の炎症やアレルギー反応が起こりやすいので注意が必要です。

 

ミノキシジルタブレットの副作用
  • 全身の多毛症(毛深くなる)
  • 重い低血圧
  • 胸の痛み
  • 動悸・頭痛
  • 強い眠気
  • 心室肥大
  • 心外膜液
  • 多臓器不全
  • 糖尿病
  • 性的不能

ミノキシジルタブレットの副作用のリスクはかなり強烈です。

ミノキシジルタブレットの服用によって、万が一病気にでもなったら、その治療費で植毛ができるレベルだと思います。

ミノタブを飲んで髪は生えてきたけど、体を壊して治療費が膨大にかかる… あまりにもリスクが大き過ぎますよね(髪が生えてくれば体なんてどうなってもいい、という方は良いかもしれませんが)

※ 副作用があまりにも心配なミノキシジルタブレットを飲んだことはありませんし、ミノキシジルタブレットの使用はとても勧められるものではありません。

ミノキシジルの副作用に関しては、ミノキシジルの副作用と実際に起こった事例まとめこちらで詳しく説明していますので、ミノキシジルの副作用が心配過ぎるという方は一度ご覧になって見て下さい。

体に重大な副作用を招く原因のほとんどはミノキシジルタブレットの場合ですので、ミノキシジル育毛剤は頭皮の炎症やアレルギー反応に要注意ということですね(頭皮が荒れたり炎症を起こすと、抜け毛が増えて薄毛が悪化する可能性があるので)

 

ミノキシジルを使えば髪の毛は生えるのか?

ここからは、「ミノキシジルを使えば髪の毛は本当に生えるのか?」という、ネットでは話されていない真実にツッコんでいきますが、ミノキシジルの臨床試験データを見ても明らかなとおり、ミノキシジルの発毛効果は間違いありません。

問題なのは、満足できるほど発毛するのか?薄毛が改善するのか?という点です。

ミノキシジル育毛剤を1年間使った患者自身の評価を見ると、以下のような割合になっています。

患者による薄毛の改善評価

このグラフを見ると、およそ半分の人がミノキシジル育毛剤を使ったことで発毛効果に満足していると判断することができますが、半分の人たちはミノキシジル育毛剤の効果に満足していないということになります。

発毛効果に満足できた人は良いとして、問題なのはミノキシジル育毛剤を使っても発毛効果に満足できない人が5割もいるというところです。

 

ミノキシジル育毛剤の効果を高める為に必要なこと

ミノキシジル育毛剤を使っても発毛効果に満足できない人が5割いる原因は、髪の成長に必要な材料が不足していた事と脱毛原因が蔓延していたことが原因だと考えられます。

ミノキシジルの作用メカニズムは、血管を拡張し血行を促進し、毛包に直接作用するから毛母細胞が活発になり髪の成長が促進する(発毛する)効果があるわけですが、極端なことをいえば「ミノキシジルは促進剤でしかありません。」

つまり、ミノキシジルで髪の成長を促進するためには、促進するための材料が必要になるということです。

髪の成長に必要な材料が、髪の元になる栄養です。

髪の元になる栄養をシッカリと補給しないと、いくら発毛効果のあるミノキシジルを使ったとしても、髪の毛はいつまで経っても生えてきません。

どんなに一流の料理人であっても、材料がなければ料理が作れないのと同じで、髪の元になる材料がなければ毛母細胞も困ってしまうわけです。

ミノキシジルの発毛効果を妨げるもう一つの原因が、「あなたの頭皮にのさばっている脱毛原因」です。

先ほどもお話ししましたが、ミノキシジルというのはあくまでも髪の成長を促進させる「促進剤(発毛剤)」でしかありません。

仮に、ミノキシジルの発毛パワーが5で、あなたの頭皮にのさばっている脱毛パワーが10だった場合、当然ですが脱毛パワーの方が強力なので髪の毛は生えてきませんよね。

つまり、ミノキシジルの発毛効果を最大限引き出すためには、あなたの頭皮にのさばっている脱毛原因を抑制する必要があるということです。

ミノキシジルの発毛効果を高めるために必要な要素は、髪の元になる栄養補給と脱毛原因の抑制の2つです。

 

ミノキシジルは育毛サプリと併用することで発毛効果を高める

先ほど、ミノキシジルの発毛効果を高めるために必要な要素は、髪の元になる栄養補給と脱毛原因の抑制の2つとお話ししましたが、この2つの要素を備えているのが育毛サプリメントです。

本当に質の高い育毛サプリであれば、髪の元になる栄養をシッカリと摂取することができ、同時に脱毛原因の改善にも効果を発揮してくれます。

私自身も育毛サプリを飲んでいますが、髪が生えてきやすい体を作り、育毛剤の効果で髪の成長を促進するために育毛サプリを飲んでいます。

育毛サプリを飲みながら髪が生えてきやすい体を作ったからこそ、育毛剤の効果を最大限引き出すことができ薄毛が改善したと実感していますし、やらないのが勿体ないというよりも、やらないと薄毛の改善率が高まらないので損をするだけだと思います。

ですので、ぜひ参考にしてみて下さい。

>>本当に質の高い育毛サプリメント

 

>>ミノキシジル育毛剤一覧まとめ

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

髪の悩みがない生活を取り戻すために、ご活用ください。

 

コメントを残す

*

サブコンテンツ

TOPへ