発毛効果の高いポラリスNR-11の効果とメリット・デメリット

ポラリスNR-11の効果とメリット・デメリット

医薬品のミノキシジルを12%高濃度配合したポラリスNR-11

このポラリスNR-11は高濃度のミノキシジルに加えて、AGAの根源である5αリダクターゼの抑制に効果のあるフィナステリドを0.1%配合していますが

実際のところポラリスNR-11に効果はあるのか?また初期脱毛は起こるのか?メリット・デメリットなどについて詳しく紹介していきます。

※追記 結婚して奥さんがいる私は、現在ポラリスNR-11を使っていません。

読み進めて頂くと分かりますが、ポラリスNR-11には重大な副作用のリスクがあるからです。

私と同じように、奥さんがいる方や彼女がいる方はポラリスNR-11は使えませんので、違う育毛剤の使用をお勧めします。

>>現在使っている育毛剤の詳細はこちら

 

ポラリスNR-11の特徴とメリット

高濃度のミノキシジルが使える

ポラリスNR-11

ポラリスNR-11の特徴の1つが、高濃度のミノキシジルを使えるところにあります。

ミノキシジル配合育毛剤であまりにも有名なのは、大正製薬から販売されているリアップX5ですが、実際のところリアップX5の口コミや評判はあまり良くありません。

なぜかというと、ミノキシジルは頭皮からの吸収率が非常に悪いからです。

※ミノキシジル濃度の1%~最大でも20%程度しか吸収されないと言われています。

リアップX5は名前の通りミノキシジル濃度が5%ですが、このミノキシジル濃度では効果を得るのは難しいんです。

それに比べてポラリスNR-11は、ミノキシジル濃度が12%と高濃度なので、効果を感じやすいというわけですね。

実際に買えるミノキシジル配合育毛剤の中で、最もミノキシジル濃度が高いのはポラリスNR-10という商品です。

このポラリスNR-10はミノキシジル濃度が16%で、手に入るミノキシジル配合育毛剤の中では最高濃度のミノキシジル育毛剤になっています。

※ 後ほど説明しますが、ミノキシジル濃度が高くなるほど副作用のリスクも高くなるので、ミノキシジル濃度の高い育毛剤を選ぶ際は充分注意して下さい。

 

AGA改善(5αリダクターゼの抑制)成分を配合

ポラリスNR-11には、AGA改善(5αリダクターゼ抑制)効果のある、フィナステリドとアルフォトラジオールという2種類の成分が配合されています。

フィナステリドといえば、フィナステリド含有のプロペシアがあまりにも有名ですが、臨床試験の結果プロペシア(正確にはフィナステリド)には、AGA改善効果があることが分かっていますし、その効果は確かなものだと断定できます。

ただ、プロペシアの場合は内服薬なので、それを頭皮から浸透させるポラリスNR-11の場合、本来の効果を本当に発揮するのかは未知数です。

ですが、AGA改善効果のあるフィナステリドを使えるのは大きいですね。

 

アルフォトラジオールという成分もフィナステリドと同様に、AGAの改善(5αリダクターゼの抑制)に効果があるとされています。

フィナステリドに比べると効果が緩やかのようですが、その分副作用のリスクも低くなっているようです。

ポラリスNR-11は、AGAの改善にエビデンス(効果に科学的根拠のある)成分を配合しているので、プロペシアを飲まなくてもAGAの改善に効果が期待できるようになっています。

※ ポラリスNR-11はフィナステリドを配合しています。

フィナステリドを配合しているということは、彼女や奥さんがいる方は基本的に使うことができません。

フィナステリドに女性が触れると、生まれてくる男児胎児の生殖器に影響を及ぼす可能性があるからです。

 

ポラリスNR-11は他にも、リポスフィアテクノロジーという有効成分を浸透させやすい形にする技術が使われているようです。

ですが、私個人としては「浸透率のテクノロジーに関して基本的に信じていない」ので、ここではあえてふれません。

ナノ化して浸透率を高める… この手の説明文句をどれほど目にしてきたことか。

浸透率のテクノロジーに関しては、過去に失敗してきた育毛剤でも散々言われていたことですし、実際のデータを確認しない事には信じようがありませんからね。苦笑

 

ポラリスNR-11のデメリット

副作用のリスクがある

ポラリスNR-11は医薬品のミノキシジルを配合した育毛剤です。ということは、当然「副作用のリスクがあります。」

ミノキシジルの副作用
  • 頭皮の湿疹
  • 頭皮の炎症・荒れ
  • 接触性皮膚炎
  • 脂漏性皮膚炎
  • 多毛症(毛深くなる)
  • 血圧の低下
  • 胸の痛み
  • 動悸・頭痛
  • 強い眠気
  • 心室肥大
  • 心外膜液
  • 多臓器不全
  • 糖尿病

ポラリスNR-11はミノキシジル育毛剤ですので、副作用のリスクで最も高いのは、頭皮の湿疹・炎症・荒れ、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎などの頭皮トラブルですね。

動悸や頭痛、心室肥大などは内服薬のミノキシジルタブレットを服用した場合に多い副作用のリスクですね。ただ、ポラリスNR-11は外用薬といっても「同じミノキシジルを使用しています」ので、ミノタブのような副作用が起こらないとも断言できません。

ポラリスNR-11は医薬品のミノキシジルを配合している以上、副作用のリスクは必ず付き物です。ポラリスNR-11に限らず、ミノキシジル配合育毛剤を選ぶ際は充分注意してくださいね。

 

奥さんや彼女がいる人は使えない

ポラリスNR-11は医薬品のフィナステリドを配合していますので、基本的に奥さんや彼女がいる方は使えません。

フィナステリド配合のプロペシアはあまりにも有名ですので、副作用や絶対厳守の禁忌についてあなたもご存知かもしれませんが、「プロペシア(正確にはフィナステリド)には絶対厳守の禁忌」があります。

フィナステリドの禁忌

フィナステリドの禁忌

上記は、プロペシア(フィナステリド)の絶対厳守の禁忌とされています。

「妊娠中またはその可能性がある女性が錠剤に触れることは厳禁。妊娠中の方がフィナステリドに触れると、生まれてくる男児胎児の生殖器官などに影響を及ぼす恐れがある」からです。

薄毛の悩みを抱えている方は、人よりも悩んでいることが一つ多いわけですから、まさか禁忌を守れない無責任な人はいないと思います。

禁忌(きんき)とは、「してはいけないこと」の意。医療上の禁忌。不適当で患者の予後を大きく悪化させる術式、検査、投薬、調剤等を指す。Wikipediaより抜粋

ですので、フィナステリドを配合しているポラリスNR-11は奥さんや彼女がいる方は使えません。当然、母親や妹など女性と一緒に生活している方も使わない方が良いと思います。絶対厳守の禁忌は絶対に守ってくださいね。

また、フィナステリドには禁忌に加えて、以下のような副作用のリスクもあります。

  • 性欲減退・ED(勃起不全)
  • 頭痛・腹痛・胃部不快感
  • 肝機能障害
  • 精子形態異常
  • 薬を辞めても、副作用の後遺症が数年間残る可能性がある

ポラリスNR-11に配合されているフィナステリドは0.1%ですので、どれほどの影響があるかは断定できませんが、フィナステリドを配合している以上、ポラリスNR-11を使う = 副作用のリスクを覚悟することになります。

ポラリスNR-11は医薬品のフィナステリドを配合している育毛剤です。繰り返しになりますが、奥さんや彼女がいる方、母親や妹など女性と同居している方は基本的に使えませんので、それだけは絶対に守ってください。

 

ニオイとベタつきがきつい

ポラリスNR-11は、ニオイとベタつきがかなりキツイです。

ポラリスNR-11

上記をご覧になって頂くと分かりますが、ポラリスNR-11の液体は黄色っぽいような茶色っぽいような色をしてます。

これが臭う臭う。苦笑

育毛剤を頭皮につけると、自分でも育毛剤の臭いが分かるほど臭います。朝ポラリスNR-11を付けて人に会ったら、かなりの高確率でこの人育毛剤使ってるなとバレると思います。

誰にも会わない夜なら良いのですが、朝使うには向いていません。

加えて、育毛液にはベタつきがあるので、髪に付くとパリパリするのも難点ですね。

臭いとベタつきがキツイので、ポラリスNR-11は取り扱いが非常に難しいのもデメリットです。

 

ポラリスNR-11の総評

当サイトでのポラリスNR-11の総評は以下の通りです。

ポラリスNR-11の総評 ポラリスNR-11の総評

総合評価は3.8点です。

発毛効果にエビデンス(効果に科学的根拠)のあるミノキシジルを高濃度配合していますし、AGA改善(5αリダクターゼの抑制)効果のあるフィナステリドやアルフォトラジオールを配合していますので、高い発毛効果を期待できるのは間違いありません。

ですが、医薬品を配合している以上、副作用のリスクがある上にそのリスクが高いので、取り扱いが難しいというデメリットがあります。

特に、ポラリスNR-11はフィナステリドを配合していますので、奥さんや彼女がいる方は使えません。

ポラリスNR-11の位置付けとしては、独身または彼女がいない方・彼女がいらない方だけが使える育毛剤といえます。

※ 結婚して奥さんがいる私は、ポラリスNR-11を使っていません。むしろ、副作用のリスクを犯さなくても安全な育毛は可能だと感じています。

奥さんや彼女がいる方は、私が使っている育毛剤を参考にしてみて下さい。必ず役立つ情報だと思います。

>>副作用のない育毛剤(使用中)

 

ポラリスNR-11が最適な方

ポラリスNR-11は、高濃度のミノキシジルを使いたい方、内服薬を使わないミノフィナの効果を試したい方に最適な育毛剤です。

先ほどもお話しましたが、ポラリスNR-11はフィナステリドを配合していますので、奥さんや彼女がいる方は使えません。

何度もお話しているのは、「それだけ重大なリスクを抱えているということですし、後悔しないためにも守るべき禁忌があるから」です。

それだけは、絶対に守って下さいね。

で、ポラリスNR-11はミノキシジル濃度が12%ですので、他のミノキシジル配合育毛剤よりも高い効果を期待できます。

加えて、AGA改善(5αリダクターゼ抑制)効果のあるフィナステリドとアルフォトラジオールを配合していますので、AGAによる薄毛にも効果を期待できます。

ミノキシジルとフィナステリドは共に医薬品ですので、副作用が現れた場合は「全てが自己責任になります」が、ミノキシジル育毛剤を使って効果を得られなかった方や、もっとミノキシジル濃度の高い育毛剤を試したい方には最適な育毛剤だと思います。
ポラリスNR-11を使用中の方の口コミを確かめてみて下さい。

ポラリスNR-11の使用にあたり参考になると思いますし、今後に役立つヒントが投稿されています。

 

 

コメントを残す

*

サブコンテンツ

TOPへ