《観覧必須!》プロペシア(フィナステリド)の恐怖の副作用と後遺症まとめ

プロペシア(フィナステリド)の恐怖の副作用と後遺症まとめ

AGAの改善に確かな効果がある代償として、強烈な副作用のリスクがあるフィナステリド含有のプロペシア。

ここでは、実際に起きた実例を踏まえながら、プロペシアの副作用について詳しく説明していきます。

プロペシアの副作用が心配な方にとって必ず役立つ情報ですので、最後までご覧になってみて下さい。

 

プロペシアの強烈な副作用のリスク

プロペシアの副作用は、以下のような症状がでるリスクがあると言われています。

 

プロペシアの副作用
  • 性欲減退
  • ED(勃起不全)
  • 頭痛・腹痛
  • 胃部不快感
  • 男性不妊症
  • 射精障害
  • 睾丸痛
  • 眩暈
  • 蕁麻疹
  • 肝機能障害
  • 精子形態異常
  • 薬を辞めても、副作用の後遺症が数年間残る可能性がある

上記は、プロペシアに関する副作用の極一部に過ぎません。

他にも循環器系の副作用の報告もあるほどで、プロペシアの副作用がいかに強烈で重いか分かりますよね。

これらプロペシアの副作用のリスクは、アメリカのFDA(日本の厚労省にあたる期間)や、アメリカと日本のプロペシア販売元が直接注意喚起しています。

販売元と行政機関が注意喚起している時点で、プロペシアの副作用はシッカリと理解しなければいけませんし、プロペシアを飲むことで副作用が起こり得ると考える必要がありますね。

ネットの一部では、「プロペシアを飲んでも副作用は起こらない」などと無責任なことを書いている人もいますが、プロペシアの危険性を本当に理解しているか疑問です。

むしろ、自分のことしか考えていない無責任な人としか思えません。プロペシアを飲むことで、このような副作用が起こる可能性があるわけですから。

 

プロペシアの副作用
  • 性欲減退
  • ED(勃起不全)
  • 頭痛・腹痛
  • 胃部不快感
  • 男性不妊症
  • 射精障害
  • 睾丸痛
  • 眩暈
  • 蕁麻疹
  • 肝機能障害
  • 精子形態異常
  • 薬を辞めても、副作用の後遺症が数年間残る可能性がある

 

ヤフーニュースに取り上げられる程の危険性

プロペシアの副作用は、ヤフーニュースで取り上げられるほど問題になりつつあるようです。

プロペシアのヤフーニュース

記事内では、プロペシアの服用によって、精子の数の減少、無精子症、精子のDNAにダメージを与える恐れがあるなど、プロペシアの副作用によって起こり得る副作用について触れています。

記事でも触れられていますが、プロペシアの有効成分であるフィナステリドには、”フィナステリド症候群”という後遺症が残るリスクが問題になっています。

内容は、「薬の服用を辞めた後にも、性欲減退や射精障害、ED(勃起不全)などの副作用の症状が残った」との報告があるというもの。

プロペシアの副作用については、副作用が起る前提で、慎重に薬の服用を決めるべきといえます。

事実、2012年のアメリカでは、「プロペシアの服用を辞めても、性欲減退やED(勃起不全)などの副作用の症状が残った」として訴訟が起こっています。

プロペシアはAGAクリニックで受診する他にも、個人輸入代行を利用すれば簡単に手に入れることが出来ます。

ですが、「副作用のリスクをシッカリと理解せずにプロペシアを飲んでいる方も増えているようで、副作用に悩まされている方が年々増えている」ようです。

ヤフーニュースに取り上げられるということは、プロペシアの副作用は大きな問題になりつつある証拠だと思います。

 

プロペシアの禁忌(きんき)

プロペシアは副作用の他にも禁忌(きんき)があって、「妊娠中またはその可能性がある女性は、錠剤に触れるのも厳禁」としています。

なぜかというと、「プロペシアの有効成分であるフィナステリドに女性が触れると、生まれてくる胎児の生殖器官に影響を与える恐れがある」というものです。

プロペシアの禁忌(きんき)プロペシアの禁忌(きんき)

女性はプロペシアを飲むことができませんし、プロペシアに触れることすらNGです。

ですので、彼女や奥さんのいる方はプロペシアの服用はできません。精液からフィナステリドが女性に移る可能性がある為です。

注意ではなく「禁忌」としているところに事の重大さが分かります。

「生まれてくる胎児に影響を与える可能性がある」という禁忌があるということは、プロペシアを飲んだら生殖器官への影響がでる可能性が高いとすらいえます。

しかも、プロペシアには髪を生やしたり育てる育毛効果はありません。

詳しくは、プロペシア(フィナステリド)の効果検証と大きな誤解まとめこちらで説明していますが、「プロペシアにはAGAを改善する効果はあっても、髪を生やしたり育てる効果はない」のです。

つまり、あなたの薄毛原因がAGA以外だった場合、プロペシアを飲んだとしても薄毛は改善しません。

薄毛が治らないどころか、死ぬまで副作用に悩まされる生活を送る可能性もあるわけです。

プロペシアの副作用が心配

髪が薄くなる原因はAGA以外にも、血行不良、髪の元になる栄養不足、睡眠不足、頭皮環境の悪化など様々にあります。

それにも関わらずAGA改善効果しかないプロペシアを飲むというのは、リスクが大きい上にメリットが殆んどありません。

ここまで読んで下さっている方なら分かるかと思いますが、プロペシアの副作用は全てが自己責任です。

副作用の強烈なプロペシアを飲んで薄毛が改善しない上に、ED(勃起不全)になったとしても、生まれてくる我が子に影響を与えたとしても、体を壊して死ぬまで後遺症を引きずったとしても、《すべては自己責任》なので誰も救ってくれません。

それにも関わらずプロペシアを飲もうと思いますか?

少なくとも、副作用が怖い私はプロペシアを飲んだことがありませんし、これからも飲むつもりもありません。

むしろ、プロペシアなど飲まなくても薄毛を改善させることは可能ですから。

「妊娠中またはその可能性がある女性は、錠剤に触れるのも厳禁」というプロペシアの禁忌は必ず守って下さいね。

奥さんや彼女がいる方は、プロペシアは飲めません。母親や妹・姉と同居している方もプロペシアは飲まない方が良いです。

自分だけでなく周りの人にも迷惑をかけることになったら、その悩みで薄毛がさらに悪化すると思います。

むしろ、責任と後悔に押しつぶされて、生きていることが辛くなるんじゃないかと。これは大げさではなく、事実と真実に基づいていることです。

プロペシアの副作用が心配で調べているあなたなら理解できますよね。

 

副作用が出た人を調べるのは無意味

プロペシアの副作用について気になっている方の中には、プロペシアの副作用が出た人・出なかった人を調べている方もいるかと思います。

私も同じように調べたことがありますが、薬剤師の友人いわく「他人の副作用を調べるのは無意味」だそうです。

人それぞれ性格が違うように、体の特徴や特性も違います。

例えば、気になっている人から「あなたの事が好きです」と言われても、異性として好きなのか、友達として好きなのか、「同じ好き」と言われても人によって捉え方が違います。

それと同じように、同じ薬を服用したとしても「副作用が出る・出ないというのは人によって違う」わけです。

仮に、プロペシアを飲み続けていて副作用が出ない人がいたとしても、あなたにも副作用が出ないとは限りません。

むしろ、淡い期待を描いている方が危険で、不安なまま薬(プロペシア)を飲み続けている方が心も体も病む可能性が高くなります。

プロペシアの服用に関しては、考え過ぎるくらいても足りないかもしれませんね。

 

プロペシアの副作用・総まとめ

ここまでプロペシアの副作用に関して、実際にあった症例を交えながら説明してきました。

冒頭でもお話しましたが、副作用が心配な私はプロペシアを飲んだことがありませんし、奥さんがいますのでプロペシアを飲むつもりもありません。

プロペシアはAGAの改善に効果があったとしても、AGAの改善にしか効果がない上に、プロペシアに髪を育てる効果もないので、強烈な副作用を考えるとあまりにもリスクが高過ぎです。

それに、プロペシアなど飲まなくても薄毛は改善できます。私は、副作用が怖いのでプロペシアは飲みませんでしたが、薄毛を改善できた以上プロペシアなど飲まなくて良かったと思っています。

プロペシアには変わる副作用がない代替品サプリを飲めば良いだけですので。

プロペシアに代わる代替品サプリの選び方やおすすめサプリについてはまとめていますので、副作用が心配でプロペシアは飲みたくないけど薄毛は改善させたい!人目も風も気にならない生活を取り戻したい!とお考えの方は、1度ご覧になってみて下さい。

副作用が強烈なプロペシアなど、飲む必要がありませんからね。

>>プロペシアの代替品サプリの選び方とおすすめ

 

最後までご覧になって下さり、ありがとうございました。

髪の悩みがない生活を取り戻す為にご活用ください。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

TOPへ